イケメンプロサーファー五十嵐カノアさんの人気急上昇は間違いなし!

イケメンプロサーファー五十嵐カノアさんの人気急上昇は間違いなし!

 

オリンピックの正式種目にサーフィンが加わりました!!

東京オリンピックのサーフィン種目は千葉県の志田下で開催されます。

 

今、サーフィンで金メダル候補に最も近いといわれているのが五十嵐カノアさん。

昨年9月、愛知県田原市のロングビーチで行われたワールドゲームズで準優勝!

日本サーフィン史上初めてのメダリストになったんですよ。

 

生まれも育ちもアメリカのカノアさんですが、2020年東京オリンピックに向け、日本代表としての意志を表明し、2018年にアメリカ国籍から日本国籍への登録変更をしています。

そして、サーフィン日本代表を選出する為の2019年度の強化指定選手に選ばれています。

 

これからますます注目される存在になること間違いなしです!

 

五十嵐カノアさんの世界ランキング

 

CTは、ワールドサーフィンリーグ(WSL)が主催するチャンピオンシップツアーのことで、サーフィンの最高峰に位置付けられています。

男子はトップ36名しか参加できません。

初めてCT(チャンピオンシップツアー)参戦したのが2016年。

ちなみに現在CTに出場している日本人は、男子の五十嵐カノアさんだけなのです。

2016年: 総合ランキング20位。(すでに20位!)
2017年: 総合ランキング17位。
2018年: 総合ランキング10位!!!

予選リーグとなる QSでは総合ランキング1位!!

 

確実に世界チャンピオンへの階段を上っていますね。

五輪開催国枠でなくても、五輪出場が可能な実力者です。

 

Advertisement

二世サーファー五十嵐カノアさんの経歴

 

 

View this post on Instagram

Back in Tokyo 🇯🇵

A post shared by Kanoa Igarashi (@kanoaigarashi) on

 

 

日本人の五十嵐カノアさん。

御両親共にプロサーファー。

日本でも活躍されていました。

1995年にサーフィンの強化の為にカリフォルニアに行き、永住権を取得してます。

 

 

1997年10月1日 生まれ。

現在21歳。

身長180cmの長身。

所属は『Quiksilver』。

弟はキアヌさん。(もちろん弟もプロサーファー)

カノアはハワイ語で自由の意味。

キアヌはハワイ語で山からの清々しい風の意味。

 

カリフォルニアのサーファーの聖地であるハンティントンビーチで、サーファー環境が整った英才教育を受けます。

3歳でサーフィンを始め、始めたその日に立てたようですね。

6歳でローカル大会で優勝。

最年少9歳でUSAチームに入る。

12歳で全米王者に輝いています。

アマチュアからプロジュニアに移行し、13歳の年に21歳以下のプロジュニア『DNAエナジープロ』で初優勝。

その後もタイトルを獲得。

CTの予選リーグであるQSにはプロジュニアと併行して参戦。

プロジュニアからQS、CTへ舞台を広げ、2018年のQSランキングは1位!!

CTは10位!!

素晴らしい。

 

さらにサーフィンだけでなく、頭もいい。

高校は2年飛び級の15歳で卒業し、五カ国語を操る

英語が一番得意で、日本語は二番目。

ポルトガル語、スペイン語、フランス語も話せる。

 

Advertisement

交際相手の彼女もプロサーファー

 

名前は テレサ・ボンヴァロさん。

五十嵐カノアさんの2つ年下のポルトガル人。

交際は2年以上になるそうです。

2人のラブラブぶりを隠さず、インスタに投稿して私達に見せてくれるのです。

こんなに堂々と・・・・・

 

View this post on Instagram

3 years went by and I can't believe how fast they were but definitely the best ones. Love you a lot even when we play Fifa and I lose because I have no more practice #imacook 😂😂😂😂😭😙😙❤❤❤ love you @kanoaigarashi

A post shared by Teresa Bonvalot (@teresabonvalot) on

 

彼女も嬉しいでしょうね。オープンでいいなあ。羨ましい。

お互い世界中飛び回って、デートも世界各地のビーチになるのでしょう。

なんてグローバル。

こういう人生とラブを、私も経験したかった。

 

Advertisement

着実にオリンピック代表の道へ突き進む

 

日本サーフィン連盟(NSA)よりサーフィン日本代表を選出する為の強化指定選手75名(昨年82名)が発表された。

もちろん五十嵐カノアさんも選ばれ(A指定選手)、強化合宿に参加します。

■日時 2019年3月30日(土)~31日(日)
■場所 千葉県鴨川市東条海岸(マルキポイント)予定

オリンピック出場を目指す選手にとっては、2019年5月6日7日に千葉県の志田下で開催される「ジャパンオープン」(男子は16名のみ参加)、9月に宮崎で開催される「ISAワールドサーフィンゲームス(WSG)」の成績が重要。

オリンピックの日本代表選手は2020年の「ISA ワールドサーフィンゲームス」が終了して初めて確定となるようです。

 

オリンピック代表が確定するまでの道のりって長いんですね。

体調管理に努めてぜひオリンピック代表を掴んで欲しいですね。

 

まとめ

 

まとめに使う画像

オリンピックの正式種目に加わったサーフィンで今最も注目されつつある、二世サーファー五十嵐カノアさん。

両親がサーフィンのために下した「移住」という選択の中で確実に力をつけてきています。

 

東京オリンピックのサーフィン種目は千葉県の志田下で開催されます。

ぜひ代表入りして、すばらしい技を披露して欲しいですね。

テレビ・芸能・スポーツカテゴリの最新記事